障害について知る

誤解を解いて発達障害を正しく知る|改善法で障害のない未来へ

コンテンツ

代表的なADHD

伸び悩む

発達障害でも多くの人が罹患するのが、ADHDです。不注意性や他動性、衝動性や協調性運動障害などの特徴的な症状が現れるため、診断を行なうことができます。個人によって程度の差があり、全ての症状が当てはまるわけではありません。

詳細

アスペルガーの特性

考える

社会的にも認知が進んでいる発達障害として、アスペルガー症候群が挙げられます。集団生活において融通が効かない事が多くあり、たびたび周囲と衝突することがある障害ですが、興味のある分野においては高い能力を発揮する事があります。

詳細

LDの弊害

肩に手を置く

学習障害は、一部の計算や文字の読み書きに弊害を持つ発達障害です。先天的に一部の情報処理を苦手としてしまうため、本人の努力で改善するのは難しく、周囲の理解を深めることが重要となるでしょう。

詳細

MENU

個性として捉える

話し合う

近年、メディアでも多く取り上げられて来た症状として、発達障害が挙げられます。発達障害は大きく分けて二つ存在し、高機能発達障害と低機能発達障害がそれぞれ挙げられます。低機能発達障害は、知能指数の低さが顕著である発達障害であり、軽度であれば日常生活を送る事も行えますが、重度になるに連れ、人の介助が必要となるので、専門の医療機関でトレーニングを行なうことで、症状の改善をさせる必要があるでしょう。ダウン症などもこの低機能発達障害に含まれる症状であり、赤ん坊のころから、筋力や骨格の未発達が見られるのが特徴です。赤ん坊の状態から適切なトレーニングをさせることで、社会生活を行えるまで回復するでしょう。最近になって認知が進みつつあるのが高機能発達障害であり、低機能発達障害とは違い、生活や学習の面で顕著な違いが見られないため、いままで障害とは認められてきませんでした。しかし、高機能発達障害は社会生活において、周囲の人とのトラブルを頻発させるので、うつなどの二次障害を患う原因となる病なのです。高機能発達障害は主にADHDやアスペルガー症候群、LDといった症状が挙げられ、それぞれ共通して特定の分野における極端な弊害や、強いこだわりなどが顕著に現れるため、集団の輪に溶け込めないといった問題があるのです。これらの障害は、早期に傾向がある事を把握することが何より重要となります。発達障害は先天性の障害であるため、個人の努力では改善されない事も多くあるので、本人に自分の特性を把握させることで、周囲との違いによる心の負担を取り除くことができるでしょう。また、こうした障害の事を理解していない人や、誤解をしている人も多くいるため、周囲の人への理解を進めるのも重要といえるのです。

発達障害は、自閉症スペクトラムとも呼ばれるものであり、個人によって症状の程度は大きく変わるものです。一見して他の人と比べても違いが分からない人や、明らかになんらかの弊害を抱えている人もいるため、ひとくくりに特徴などを判断することはできません。特に問題となるのが、いわゆるグレーゾーンに属する発達障害であり、問診では発達障害の傾向が見られるにも関わらず、知能テストの結果は普通の人と全く変わらないなど、医師でも診断が難しい人も中にはいるのです。自閉症スペクトラムと呼ばれる所以は、個人によって、まるで虹のように特徴に違いがあることであり、先天的に軽度である人や、成長とともに症状が改善された人もいるという事もあり、障害を持っているからといって高機能発達障害と低機能発達障害をひとくくりの考えることはできないのです。医師側としての見解では、こうした障害は病気ではなく、一種の個性として扱うべきとの考えがあるため、障害が見つかったからといって取り乱すことなく、自分の特性を理解した上で、現在抱えている問題をどう対処すべきかを冷静に考えながら社会生活を営むようにしましょう。

人気記事

低機能性の障害

心と鍵

発達障害の中には、低機能性発達障害と呼ばれる症状もあります。知能指数が低いことにより弊害が現れる知的障害や染色体異常によって起きるダウン症が挙げられ、これらの障害は学習を根気よく行わせることで改善させられます。

詳細

医療機関での治療

医師

発達障害は、専門の医療機関に相談することで、症状を緩和させる事ができます。日常生活においての動作や考え方を身に付けさせる訓練を行うことのほか、症状を抑える薬剤の処方を行なう事もあるのです。

詳細